Go to Contents
検索

社会・文化

スーパーなどで「防疫パス」の効力停止 12~18歳は全施設で=韓国裁判所

2022.01.14 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル行政裁判所は14日、医療・宗教関係者1023人がソウル市長を相手取り、不特定多数が利用する施設に入る際に新型コロナウイルスワクチンの接種完了やPCR検査の陰性を証明する「防疫パス」の提示を義務付ける措置の執行(効力)停止を求めた申し立てについて、一部を認める判断を下した。

ソウル市内の大型スーパーの入り口で防疫パスを提示する来店客=13日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル市内の3000平方メートル以上の商店、スーパー、百貨店に適用されていた防疫パスの提示措置の効力が停止される。また、12~18歳の青少年に対しては不特定多数が利用する17種の施設全てで効力が停止される。

 インターネットカフェ、飲食店、カフェ、映画館、スポーツ競技場などの施設での18歳以上に対する防疫パスの提示義務は、これまで通り維持される。

 ただ、今回の決定はソウル市に限られ、他の地域には適用されない。効力停止の期間は関連する訴訟の一審判決が言い渡されてから30日になる日までだ。

 チョ教授らは、防疫パスは効果がはっきりせず、適用基準に一貫性がないとした上で、ワクチン未接種者の社会生活全般を事実上不可能にし、接種を強要するものだとして先月末に執行停止を申し立てた。

 これに対し、政府側は防疫パスは死亡のリスクを減らす有効な手段であり、適用後には1日当たりの新規感染者数が大幅に減少したとして必要性を強調してきた。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください