Go to Contents
検索

社会・文化

最大野党候補の妻の通話内容 一部放送を許容=韓国地裁

2022.01.14 19:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領候補の妻、金建希(キム・ゴンヒ)氏の約7時間の通話が録音されたファイルを巡り、同氏がテレビ局MBCを相手取り通話内容の放送禁止を求めた仮処分申請で、ソウル西部地裁は14日、一部の放送は認める一方、金氏の捜査に関する内容や政治的な見解と関係ない日常会話などの放送は差し止める判断を下した。

金建希氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 地裁は判断の理由について、録音ファイルには金氏に関連した事件の内容が含まれているとみられ、内容が公開されれば金氏が取り調べを受ける際に保障される黙秘権が侵害される懸念が大きいなどと説明した。

 また、金氏が自身を否定的に扱った報道機関や人たちに対し、強い語調で不満を示す内容が含まれており、このような発言は有権者が適切な投票権を行使する上で必要な政治的見解とみなすのは難しいと指摘した。

 一方で、金氏が放送禁止を求めた部分のうち、MBCが放送しないことを決めた部分を除けば、金氏が公的人物に該当するため、放送は公益に役立つとみることができると指摘した。

 ただ放送が禁止された部分の具体的な内容は公開されなかった。

 インターネットメディアのオーマイニュースによると、録音ファイルには文在寅(ムン・ジェイン)政権批判や文在寅政権で法務部長官を務めたチョ国(チョ・グク)氏に対する検察の捜査などに関する内容が含まれているという。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください