Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(1月17日)

2022.01.17 10:00

◇北朝鮮が飛翔体発射 今年4回目

 軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が同日に朝鮮半島東の東海に向けて未詳の飛翔(ひしょう)体を発射したと発表した。北朝鮮の飛翔体発射は今年に入って4回目。14日には列車から短距離弾道ミサイル2発を発射した。軍当局は通常、弾道ミサイルを探知すればすぐにメディアに公開している。

14日、ソウル駅で北朝鮮のミサイルに関するニュースを見る市民=(聯合ニュース)

◇韓国型パトリオットの輸出決定 文大統領がUAEに謝意

 アラブ首長国連邦(UAE)を訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日(現地時間)、国際博覧会「ドバイ万博」の会場でドバイ首長国のムハンマド首長と会談し、会談で「韓国型パトリオット」と呼ばれる弾道ミサイル迎撃システム「天弓2」のUAEへの輸出が決まった。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官によると、文大統領は天弓2の輸出契約が決まったことについて「円滑に事業が行われうれしく思う」と謝意を表明し、両国の国防・防衛産業の協力が飛躍的に拡大したことを評価。ムハンマド首長は「両国の防衛産業協力に満足し、あらゆる分野での協力が目覚ましく発展してうれしい」として、「韓国から技術発展など学びたいことが多くある」と述べた。

◇新規コロナ感染者3859人 重症者579人

 中央防疫対策本部は17日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3859人増え、累計69万6032人になったと発表した。重篤・重症患者は579人で、54日ぶりに600人を下回った。

◇私的な集まり6人まで可能に 飲食店などの時短は従来通り

 政府は新型コロナウイルス対策として、17日から旧正月(今年は2月1日)連休を含む2月6日までの3週間、私的な集まりの人数を最大6人とし、飲食店やカフェの営業時間を午後9時までに制限する。これまで私的な集まりは4人までだったが、長期にわたる厳しい防疫措置による国民の心身の疲れを考慮し、集まりの人数制限を緩和することにした。不特定多数の人が利用する施設の営業時間の短縮は従来通りで、飲食店や屋内体育施設、カラオケ店、公衆浴場などは午後9時まで、学習塾やインターネットカフェなどは午後10時まで。一方、政府は17日に開く中央災難(災害)安全対策本部の会議で、新型コロナワクチンの接種完了やPCR検査の陰性を証明する「防疫パス」の適用に関する調整案を確定する。医療・宗教関係者が申し立てた防疫パス提示措置の執行(効力)停止の求めについて先ごろ裁判所が一部を認める判断を下し、ソウル市内で大型スーパーや百貨店などに適用されていた同措置の効力が停止されている。政府は全国の大型スーパーや百貨店に対し提示義務付けを解除するとみられる。

◇21年は自営業者数1万8千人減 苦境続く

 統計庁によると、2021年の自営業者数は551万3000人で、前年に比べ1万8000人減少した。新型コロナウイルス禍で7万5000人落ち込んだ前年に続いてマイナスとなった。昨年、全体の就業者数が前年比36万9000人増と7年ぶりの大きな伸びを記録したのとは対照的。中でも、従業員を雇うなど事業を比較的大きく手掛ける自営業者の経営環境が悪化した。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください