Go to Contents
検索

記事一覧

2月のネット通販取引額 料理宅配サービスが2年前から倍増

2022.04.01 14:25

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が1日発表した「オンラインショッピング動向」によると、2月のインターネット通販の取引額は15兆4314億ウォン(約1兆5550億円)で前年同月比13.7%増加した。商品群別にみると、オンラインで出前の注文を受けて配達する飲食サービスが2兆2443億ウォンと23.0%伸びた。新型コロナウイルス禍で同サービスの利用が広がり始めた2年前の同月比では97.7%増となった。

料理を宅配するバイク(資料写真)=(聯合ニュース)

 飲食サービスの2月の取引額は昨年12月(2兆4495億ウォン)よりやや少ないが、12月は日数が多い。統計庁の担当者は「2月の取引額は1日平均801億5000万ウォンと、(この項目の)統計を取り始めた2017年1月以降で最大だった」と説明した。

 また、飲料・食料品と農畜水産物を合計した食品の取引額も増えた。2月は2兆6286億ウォンで、前年同月(2兆4574億ウォン)を上回った。20年2月に比べると37.8%伸びた。

 コロナ下の2年の間、外出や会食などが制約され、店に食品の買い出しに出掛ける代わりにネット通販を利用したり、料理を自宅に届けてもらったりする人が増えた。飲食サービスの場合、メニューの多様化と高級化、手軽な決済サービスの浸透なども取引拡大の要因に挙げられるという。

 この他、家電・電子・通信機器(前年同月比20.0%増)や生活用品(17.9%増)、旅行・交通サービス(35.6%増)などの取引額も増加した。一方、化粧品(6.8%減)の取引額は減った。

 スマートフォン(スマホ)をはじめとするモバイル機器を利用した取引額は前年同月比20.4%増の11兆7921億ウォンで、全体の取引額の76.4%を占めた。この割合は前年同月から4.3ポイント上がり、モバイル取引の統計がある13年以降で最大を記録した。

 中でも、飲食サービスはモバイルでの取引が97.7%に上る。電子クーポンサービス(89.8%)やペット用品(87.2%)、児童・幼児用品(84.7%)もモバイルの利用が多い。 

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください