Go to Contents
検索

おすすめ #インターネット
IT・科学

デジタル転換進む 50・60代のネットバンキング・通販利用増=韓国

2022.04.13 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス流行の長期化により非対面サービスが活性化するなどデジタル転換が進み、50代と60代のインターネットバンキング、ネット通販の利用率が上昇したことが明らかになった。

中高年層のネット通販利用率の推移(左)と中高年層のインターネットバンキング利用率の推移(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 科学技術情報通信部が13日発表した2021年インターネット利用実態調査の結果によると、昨年の個人のネット利用率は93.0%で前年比1.1ポイントの小幅上昇となった。

 年齢層別では3~9歳と60代以上でのネット利用率上昇が目立った。5年前と比較すると、3~9歳の利用率(92.0%)は8.1ポイント、60代(94.5%)は12.0ポイント、70代(49.7%)は17.9ポイント、それぞれ上昇した。

 10代は教育コンテンツやオンラインゲーム、20~30代はクラウドサービスや金融商品取引、40~50代はネット通販やネットバンキング、60代以上は動画サービスやソーシャルメディアを多く利用していることが調査で明らかになった。

 昨年の全年齢層でのネット通販利用率は73.7%で前年比3.8ポイント、ネットバンキング利用率は77.9%で1.4ポイント、それぞれ小幅に上昇した。年齢層別では、60代のネット通販利用率(前年比9.8ポイント上昇の41.2%)と50代のネットバンキング利用率(5.8ポイント上昇の84.9%)の伸びが目立った。

 調査は全国2万5144世帯の3歳以上の世帯員6万305人を対象に実施した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください