Go to Contents
検索

IT・科学

韓国情報機関 NATOのサイバー演習に2年連続参加

2022.04.18 11:21

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関の国家情報院(国情院)は18日、北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛拠点が実施する世界最大規模のサイバー防衛演習「ロックト・シールズ」に参加すると発表した。

国家情報院が今年も「ロックト・シールズ」に参加する(国情院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ロックト・シールズはサイバー危機対応におけるNATO加盟国間の協力を深める目的で2012年から毎年行われている多国籍の演習。大きく技術演習と戦略演習に分かれ、技術演習は参加チームが衛星通信、電力、金融など8分野で発生する攻撃を防衛する形で実施される。戦略演習はサイバー攻撃発生時の状況報告・共有、指揮手順、メディア戦略などの対応ポリシーについて評価を受ける。

 国情院の参加は昨年に続き今年が2回目。国情院は国防部や韓国電力公社、金融保安院などと70人規模のチームを組み、今月19~22日にオンラインで演習に参加する。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください