Go to Contents
検索

記事一覧

21年の1人当たり国民総所得3万5373ドル 3年ぶり増加=韓国

2022.06.08 10:51

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が8日発表した韓国の2021年の1人当たり国民総所得(GNI、暫定値)は3万5373ドル(約470万円)で、前年比10.5%増加した。ウォン高ドル安などが影響した。

 韓国の1人当たりGNIは17年(3万1734ドル)に初めて3万ドルを上回り、19年と20年は前年比で減少したが、21年は3年ぶりに増加に転じた。

 1人当たりGNIは国民が国内外で得た総所得を人口で割ったもので、国民の生活レベルを把握するための指標として用いられる。

 一方、韓国の21年の実質国内総生産(GDP、暫定値)は前年比4.1%増加した。10年(6.8%増)以来、11年ぶりの高い伸びだった。

 20年のGDP(確定値)は前年比0.7%減。暫定値(0.9%減)から0.2ポイントの上方修正となった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください