Go to Contents
検索

記事一覧

韓国海洋警察トップら9人の辞意 大統領室は監査中を理由に受け入れず

2022.06.24 19:37

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室は24日、海洋警察庁の丁奉勳(チョン・ボンフン)庁長を含む幹部計9人が同日辞意を表明したことについて、受け入れない意向を明らかにした。

海洋警察庁=24日、仁川(聯合ニュース)

 大統領室は、2020年9月に黄海を漂流していた韓国の男性公務員が北朝鮮軍に射殺された事件の捜査と関連し、国民に誤解を与えた責任を取って辞意を表明したものと承知しているが、現在、監査院による調査など真相究明に向けた作業が進められているため、辞意は受け入れない予定だと説明した。

 同事件を巡って海洋警察は、男性が行方不明になった8日後に中間捜査結果を発表し、軍当局と情報当局が傍受した北朝鮮の通信内容や本人の債務などを根拠に、男性が自ら北朝鮮に渡ろうとしたとの判断を示した。だが、今月16日に発表した最終捜査結果では、自らの意思で越境したと断定できる根拠は見つからなかったとして、約2年前の判断を覆した。

 監査院は海洋警察庁や国防部などを対象に監査を進めている。男性が自ら北朝鮮に渡ろうとしたとの判断を示すに至った経緯を中心に調査しているという。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください