Go to Contents
検索

記事一覧

新韓銀行などで相次ぎ巨額の外為取引 金融監督院が検査=韓国

2022.07.01 16:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の銀行大手、ウリィ銀行に続き、新韓銀行でも通常の範囲を逸脱した巨額の外国為替取引が続けられてきたことが1日、分かった。

新韓銀行(同行提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金融関係者によると、金融監督院は先月30日に新韓銀行の該当する支店に対する現場検査に着手した。

 新韓銀行の正確な取引額は明らかにされていないが、ウリィ銀行の8000億ウォン(約830億円)に匹敵する規模だという。

 これに先立ち、ウリィ銀行はソウル市内の支店でこの1年間に約8000億ウォンの外国為替取引を行い、複数の法人から複数の法人へ送金されたことが内部監査で判明。先週金融監督院に報告した。

 同行は、輸入代金の決済を名目に行われた今回の取引の規模が、この支店が通常取り扱う水準より大きいことから疑いのある取引と判断した。

 金融監督院は、この支店に対して現場検査を行い、マネーロンダリング(資金洗浄)など外国為替取引法違反があったかを確認している。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください