Go to Contents
検索

社会・文化

入国後のPCR検査義務 10月1日から廃止=韓国

2022.09.30 09:44

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、新型コロナウイルス対策として海外からの入国者に義務付けている入国後1日以内のPCR検査を来月1日から廃止する。中央災難(災害)安全対策本部の李基日(イ・ギイル)第1総括調整官(保健福祉部第2次官)が30日、同本部の会議で発表した。

混み合う空港内の新型コロナ検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国は6月8日にワクチン未接種者を含め全ての入国者に対し入国後の隔離義務を解除し、9月3日からは入国前の検査義務もなくした。10月1日から入国後の検査義務を廃止することで、入国者に対する新型コロナの防疫措置が全てなくなる。

 李氏は、海外からの入国者のうち感染が確認された割合が8月の1.3%から9月は0.9%とさらに低下したことや、主流となっているオミクロン株派生型「BA.5」の致死率が低いことを踏まえた決定だと説明した。ただ、致死率の高い変異株が確認されるなどして入国管理の強化が必要になった場合は検査義務の再導入を検討するとしている。

 一方、政府は新型コロナの再流行を受けて7月25日から制限していた療養型病院や療養施設での対面での面会について、来月4日から認めると明らかにした。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください