Go to Contents
検索

記事一覧

北の核・ミサイルへの対応能力を「画期的に強化」 韓国軍制服組トップ 

2022.10.06 11:40

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの金承謙(キム・スンギョム)合同参謀本部議長は6日、国会国防委員会による国政監査で、「何より北の核とミサイル脅威に対応する能力を画期的に強化するため努力している」と述べた。

合同参謀本部で開かれた国会国防委員会による国政監査に出席した金承謙・合同参謀本部議長(国会写真記者団)=6日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は「『3軸体系』の運営発展や戦力拡充を加速させるとともに、米国の拡大抑止の実行力向上のため軍事分野で協力している」と説明した。3軸体系は北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃するキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)、北朝鮮から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)の戦力を備える戦力増強計画だ。

 また、「緊密な韓米連携に基づき合同作戦遂行体系を完成させるため力を集中させており、条件に基づいた(米軍主導の韓米連合軍が持つ)有事作戦統制権の(韓国軍への)移管を安定的に推進している」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください