Go to Contents
検索

おすすめ #AI
記事一覧

韓国政府「AI日常化計画」策定 全データを開放し発展支援

2023.01.26 19:34

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は26日、韓悳洙(ハン・ドクス)首相主宰の第2回国家データ政策委員会の会議をソウル市内の人工知能(AI)関連企業で開き、「汎政府データ産業振興基本計画」と「人工知能日常化計画」を策定した。AI分野の発展に向け、韓国社会が保有するすべてのデータを開放・共有し、生産性の革新的向上を推進するのが骨子。

国家データ政策委員会の発足式(資料写真)=(聯合ニュース)

 これにより行政・立法・司法の公共領域と全産業分野を網羅した日常生活でAIを全面的に活用し、AI産業の成長をけん引する環境を整備する。

 まず政府は国内の関連企業が技術力を確保してグローバル市場に進出できるよう全面的に支援する。

 今年、2805億ウォン(約295億円)を投じてAI用のデータを収集・開放する一方、クラウドAIサービスの開発を支援する。

 大規模AIモデルの開発のため2022~26年にかけて2655億ウォンを投じる。27年までに445億ウォンをかけて公共や産業分野の難題解決を支援するAIも開発する。 

 政府によると、韓国のAI分野の技術力は世界最高レベルの89%程度で、最近3年間の関連産業は年平均40%ずつ成長しているものの、企業の現場や国民生活でAIを活用するレベルはまだ初期段階にあるという。

 このような現状を改善し、AIの日常化を早めるため、今年7129億ウォンを投じて「AI10大プロジェクト」を推進する。

 政府はまた、雇用と関連した行政データの開放を拡大し、雇用市場の成長をけん引するとともに、縦割りだった国の統計を融合し、活用を活性化することを決めた。職種別の賃金情報や失業給付金などに関するデータへのアクセス権を段階的に拡大する。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください