Go to Contents
検索

政治

北朝鮮発射体残骸の引き揚げ 難航続く=韓国軍

2023.06.05 18:11

【ソウル聯合ニュース】 北朝鮮が5月31日に打ち上げたものの失敗して朝鮮半島西側の黄海に落下した「宇宙発射体」の残骸について、韓国軍合同参謀本部の関係者は5日、記者団に「きょうも引き揚げはできなさそうだ」として、「あす水中の状況を見て、作業を再開する」と明らかにした。

黄海に落下した北朝鮮の発射体の一部とみられる物体(合同参謀本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同関係者は「現場の海流が速く、視界が良くないため(引き揚げが)困難で、危険性もある」として、「安全かつ早期の引き揚げのため努力している」と述べた。

 北朝鮮は5月31日、北西部東倉里付近から「軍事偵察衛星」を南方向に打ち上げたが、正常でない飛行をして韓国西部の全羅北道・於青島の西約200キロの海上に落下した。韓国軍は打ち上げから約1時間半後に発射体の残骸とみられる物体を見つけた。

 だが、残骸は重いため、水深75メートルの海底に沈んでいる。残骸の長さは約15メートルと推定される。

 現場には韓国海軍の3500トン級救助艦「統営」と「光陽」、3200トン級の「清海鎮」などが投入されている。今月3日から海軍の潜水隊員も投入されたが、円筒形の残骸は表面が滑りやすく、ワイヤーの固定が難しいため引き揚げ作業が順調に進んでいないという。

 韓国軍は昨年11月2日に北朝鮮が発射したミサイルの残骸を同6日、北東部の束草沖で引き揚げている。残骸の長さは約3メートル、幅は約2メートルだった。北朝鮮が2012年12月に打ち上げた長距離ロケット「銀河3号」の引き揚げには17日がかかり、最初に引き揚げた残骸の長さは7.6メートル、直径は2.4メートルだった。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください