Go to Contents
検索

おすすめ

ミャンマーからの出国急増 韓国行き航空便は満席に(4月2日)

≪問い合わせ殺到≫

 ミャンマーで軍のクーデターに抗議するデモ参加者らへの弾圧が続き、情勢が悪化する中、韓国行き臨時航空便が予約で満席になっている。

 現地の航空業界によると、11日と13日の仁川行きのミャンマー国際航空(MAI)の臨時便は既に満席状態だ。米国やドイツなどが自国民に出国を命令・勧告したのに加え、先月ヤンゴンで韓国の銀行大手・新韓銀行の行員が会社の車両で帰宅中、銃撃を受けてけがを負った事件が影響したとみられる。

 新型コロナウイルスの影響で、MAIの臨時便はミャンマーから出国するほぼ唯一の手段となっている。

 韓国外交部も、ミャンマーに駐在する国民に対し、重要な業務ではない場合、出国するよう求めた。

 臨時便の予約業務を担当する旅行会社には1日に問い合わせの電話が殺到した。関係者は「一番早く出国できる航空便に関する問い合わせが多かった」と話している。

(2021年4月2日、聯合ニュース)

2021.04.02 13:32

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください