Go to Contents
検索

おすすめ

文大統領「国民の叱責重く受け止める」 ソウル市長選など与党惨敗で(4月8日)

≪「国民の切実な要望実現へまい進」≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、与党「共に民主党」が惨敗した前日の再・補欠選挙の結果について「国民の叱責(しっせき)を重く受け止める」と表明した。

 文大統領は青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官を通じて選挙に関する立場を表明し、「さらに低姿勢で、重い責任感を持って国政に臨む」とし、新型コロナウイルス克服、経済回復、国民生活の安定、不動産腐敗清算など国民の切実な要望を実現することにまい進すると強調した。

 来年3月の大統領選の前哨戦と位置付けられた前日の再・補欠選では、保守系最大野党「国民の力」の候補がソウル、釜山の2大都市の市長選を制するなど、圧勝を収めた。

 (2021年4月8日、聯合ニュース)

2021.04.08 11:37

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください