Go to Contents
検索

おすすめ

サッカー韓国代表 ブラジルに1―5で完敗(6月3日)

≪ネイマールがPKで2得点≫

 サッカー韓国代表(世界ランキング29位)は2日、ブラジル(同1位)とソウルで国際親善試合を行い、1―5で敗れた。

 イングランド・プレミアリーグでアジア人初の得点王に輝いた孫興ミン(ソン・フンミン)とネイマールという世界を代表するストライカー同士の顔合わせに注目が集まったが、試合開始からブラジルが主導権を握った。

 前半7分にブラジルのリシャルリソンが先制のゴール。サイドからの攻撃で韓国守備陣を崩した。

 韓国はブラジルの強い攻めにボールを持つのも難しかったが、前半31分に黄義助(ファン・ウィジョ、仏ボルドー)のゴールで同点に追いついた。黄義助はAマッチで約1年ぶりのゴール。韓国がブラジルから得点を挙げたのは約20年ぶりだった。

 だが韓国はブラジルの速攻に守備がついていけず、前半42分と後半12分に立て続けにPKを与える。ブラジルはいずれもネイマールが決め、3―1とした。

 ブラジルはその後も2点を加えた。韓国の孫興ミンはブラジルの強いプレスに孤立して、不発に終わった。

 試合後、主将の孫興ミンは「失望よりも、多くのことを学べた良い機会だと思いたい。チームがこれから一歩ずつ発展していければいい」と話した。

 韓国代表は6日にチリ、10日にパラグアイ、14日にエジプトとの国際親善試合に臨む。

 (2022年6月3日、聯合ニュース)

2022.06.03 09:11

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください