Go to Contents
検索

おすすめ
「労働者像」返還で合意

「労働者像」返還で合意

韓国・釜山市が日本総領事館近くの歩道に置かれていた強制徴用労働者を象徴する「労働者像」を強制撤去した問題で、市側と像を設置した団体側が像の返還で合意した。像の設置場所は市民ら100人による円卓会議で決めることにした。合意文の発表後、記念撮影する(左から)金在河(キム・ジェハ)全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山本部長、朴仁映(パク・インヨン)釜山市議会議長、呉巨敦(オ・ゴドン)釜山市長=17日、釜山(聯合ニュース)

2019.04.17 10:31

view original file

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください