Go to Contents
検索

おすすめ

聯合ニュース 個人情報取り扱い方針

聯合ニュースは会員の個人情報を重視し、情報通信網の利用促進および情報保護に関する法律を順守します。


聯合ニュースは会員の皆様からご提供いただいた個人情報がどのような用途と方法で利用され、個人情報の保護にどのような措置が取られているか、 個人情報の取り扱い方針を定め、利用者の権益保護に最善を尽くしています。

I. 収集する個人情報の項目

PC版ウェブサイト、モバイルサイトとアプリを利用する過程で、以下のような情報が自動的に生成、収集されています。

II. 個人情報の収集および利用目的

当社は収集した個人情報を次の目的で活用します。



1. サービス提供に関する基礎資料


ニュースなどコンテンツの提供、メーリングサービスなど個別サービスの提供


2. 新規サービス開発およびマーケティング


新規サービスの開発および個別サービスの提供、イベントおよびサービス情報の伝達

III. 個人情報の保有および利用期間

当社は「個人情報の収集および利用目的」の達成後は例外なく当該情報を速やかに破棄します。

IV. 個人情報を自動収集する仕組みの設置・運用および拒否に関する事項

当社は会員の情報を随時保存し読み取る「クッキー(cookie)」などを利用しています。クッキーとは当社ウェブサイトの運営に利用されるサーバーが、利用者のブラウザーに送信するごく小さなテキストファイルで、利用者のコンピューターのハードディスクに保存されます。

1. クッキーの使用目的

当社は聯合ニュースのウェブサイトを訪問した会員と非会員のアクセス頻度や訪問時間、動向追跡、各種イベントの参加状況および訪問回数などを分析し、利用者の好みや関心分野を把握し、ターゲット・マーケティングや各個人に最適なサービスの提供などに活用します。

会員にはクッキーに関する選択権があります。会員はウェブブラウザーのオプション設定により、すべてのクッキーの受け取りを認めたり、クッキーを受け取るたびに警告を表示させたり、あるいはすべてのクッキーの受け取りを拒否することもできます。

* クッキー受け取り拒否の方法

例: クッキー受け取りを拒否するには、会員が使うウェブブラウザーのオプションを選択する方法があります。選択に応じ、すべてのクッキーの受け取りを認めたり、クッキーを受け取るたびに警告を表示させたり、すべてのクッキーの受け取りを拒否したりすることができます。ただし、クッキーの受け取りを拒否する場合、ログインが必要な聯合ニュースのサービスの一部を利用しにくくなる可能性があります。


設定方法の例(インターネットエクスプローラーの場合):

ウェブブラウザー上部のツール→インターネットオプション→プライバシー→処理水準に応じて選択

V. 意見と苦情の受け付け

当社は個人情報の保護に最善を尽くしています。個人情報処理方針に対し改善点や提案などがございましたら、iresys@yna.co.kr までご意見をお寄せください。

VI. 個人情報保護のための技術と制度的な対策

当社は会員の個人情報の取り扱いにあたり、個人情報の紛失、盗難、漏洩、改ざん、毀損(きそん)などがないよう、次のような措置を取ります。

1. 担当者の指定および教育

当社は個人情報の取り扱いを専門の担当者に限定し、教育を通じて個人情報取り扱い方針順守を常に強調しています。

2. ハッキングなどに備えた対策

当社はハッキングやコンピューターウイルスなどによる会員の個人情報の漏洩や毀損を防ぐため、最善を尽くしています。個人情報の毀損に備え随時データのバックアップを取り、最新のアンチウイルスソフトを用い、利用者の個人情報やデータが漏洩したり損傷したりしないよう防止に取り組み、暗号化通信などを通じネットワーク上で個人情報を安全に転送できるようにしています。その他システム上のセキュリティー確保に向け可能な限りの技術的な仕組みを備えるよう努めています。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください